【ジップロックで漬ける】小梅のカリカリ漬け

梅しごとの時期になると、まず先に出回るのが小梅です。

梅干しのように干したりせずに、思っているよりも簡単にカリカリ梅を作る事ができます。

そのまま食べても美味しいし、お弁当やおにぎりなどにも大活躍してくれます。

容器などなくてもジップロックで簡単に作る事が出来ます。

新鮮な小梅を見つけたら、ぜひ作ってみて下さいね!

小梅のカリカリ漬け 材料

青梅のカリカリ漬け 材料
  • 小梅 500g
  • あら塩 50g(漬ける梅の10%の量)
  • ホワイトリカー又は焼酎(35度) 大さじ2
  • 卵の殻 2~3個分
赤紫蘇のカリカリ漬けにする時は
  • もみ紫蘇 200g(漬けた梅の20%くらい)
用意するもの
  • お茶パック
  • ジップロックLサイズ
  • 重しの塩 1キロ

 

卵の殻 下準備

梅をカリカリにする為に卵の殻を使用します。

茹でた卵の殻をきれいに洗い、ざるなどで1日干して乾燥させます。

その後、卵の中の皮を取り除きます。

卵の皮をお茶パックに入れておきます。

卵の殻に含まれるカルシウムの成分で、梅がカリカリになります。

小梅のカリカリ漬け 漬け方

①小梅をたっぷりの水で洗い、1時間くらい水にひたしあく抜きをする。

梅は青く固いものを使用しましょう。

②へたをとりキッチンペーパーなどで水気をふく。

④ジップロックに小梅、ホワイトリカー大さじ2、粗塩50gを入れてなじませる。

⑤干した卵の殻をお茶パックに入れ、ジップロックの中に入れる。

⑥なるべく空気に触れないようにストローで空気を抜く。

なるべく空気に触れないように空気を抜きます。

⑦重しを置く。

念のためジップロックは2重にしました。
1日に2~3回位裏返します。

⑧2日後、梅酢が上がってきたら冷蔵庫で保存をする。

青梅のカリカリ漬け 完成

冷蔵庫で保存。

2週間くらい頃から食べごろです。

ちゃんとカリカリっとしています!
思っていたよりも簡単にできました。嬉しい!!

紫蘇漬け梅にする場合 

紫蘇漬け梅にする場合の手順を紹介していきます。

⑧の青梅を漬けて2日後くらいに梅酢が上がってきた状態、

梅に対して20%くらいのもみ紫蘇を入れて全体になじませます。

時々ひっくり返したり、全体にもみ紫蘇がいきわたるようになじませます。

今回は市販のもみ紫蘇を使用しました。

一か月後 完成

全体的にしっかりもみ紫蘇が使って赤くなっったら食べ頃です。

干す手間や容器がなくても、ジップロックだけで2種類のカリカリ漬けの完成です!

自分で漬けたカリカリ梅に、きっと感動するはずです。

皆さまも、ぜひ小梅を見つけたら挑戦してみて下さいね!!

 

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事