山形県にある梅菓子本舗「松野屋」「おかしな梅干し」の感想をレポートしていきたいと思います。

冬の寒さの厳しい山形県にある「ひがしね梅」を使用

山形県にある「ひがしね梅」をご存知でしょうか?

梅といえば和歌山県の紀州南高梅を思い浮かべる方が多いと思いますが、冬の寒さの厳しい山形県にもとっても美味しい梅の実があります。

昭和42年頃に山形県東根市で松野屋代表清野重美氏によって発見されました。

梅菓子の商品化まで、開発に実に三十余年も費やし松野屋のこだわりの梅です。

※比較しやすいように10円玉を置いてみました。

「おかしな梅干し」オススメの食べ方!

冷やしてデザートに

甘しょっぱい蜜と一緒に。

少しだけ冷やしてデザートとして食べるのもおすすめです。

ほんのり甘くて疲れも癒してくれそうです。

炭酸水で割ってスッキリ!梅ジュースに

  

「おかしな梅干し」を炭酸水で割って梅ジュースに。

そのままでは酸っぱい!という方も、梅ジュースなら美味しく飲めそうです。

梅干し2個とシロップをお好みで。

シュワシュワ、すっきりと美味しくクエン酸補給もできそうですね。

料理のトッピングにも

料理やお菓子のトッピングにも。

今回はアボ̚カドとエビの梅マヨ和えに。

味付けはマヨネーズと「おかしな梅干し」のみで!

ほんのり塩味と酸味のある美味しいサラダができました。

梅で塩分補給 熱中症対策としても

暑い夏、普段にお散歩に、スポーツの水分補給に。

「おかしな梅干し」を水で希釈して梅ドリンクに。

夏は特に熱中症が心配ですよね。

スポーツドリンクやお茶もよいですが、梅ドリンクで気分転換に。

手軽に塩分、クエン酸、水分補給ができますね。

やっぱり、ご飯に梅干し!

「おかしな梅干し」なのに、ご飯にあうの?!

侮るなかれ、隠れた逸品です。

お菓子のイメージがとっても強いけど、甘じょっぱくてホカホカのご飯にもピッタリです。

ほんのり甘さもある優しい味のする梅干しです。

「おかしな梅干し」まとめ

今まで食べてきた梅干しや梅のお菓子とは全く違う種類の梅のお菓子でした。

ほんのり甘くて酸っぱい、お菓子としても、ご飯と一緒に食べても病みつきになるような不思議な梅のお菓子でした。

山形県山形県東根市一本木にある梅菓子本舗「松野屋」

他にも梅の贅沢なお菓子がたくさんあります。

HPもぜひチェックしてみてくださいね!

梅菓子本舗「松野屋」

https://www.higashine-matsunoya.jp/shop/

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事