石神邑のしそ小梅を5粒使って作る、鶏つくねのレシピです。

ニラや生姜をたっぷり効かせて、夏バテしそうなこの時期を元気に過ごしましょう!

ひき肉は鶏むね肉を使い、つなぎには粉ではなく卵白を使用しているので、とてもヘルシーです。

香味たっぷり鶏つくね    材料

材料
鶏ひき肉   250g
石神邑しそ小梅  5粒
はんぺん  1枚(90g)
卵白    1個分
にら    2分の1束
生姜    小さじ1
砂糖    小さじ1
(焼くときの仕上げ)
ごま油   適量
めんつゆ  大さじ2

 

香味たっぷり鶏つくね    作り方

①梅は種を取り出し、細かく叩く。にらはみじん切りにする。

②材料をボウルに入れ、はんぺんが細かくなるまで混ぜる。

③6等分に成形し、ごま油を引いたフライパンに均等に並べる。綺麗に並べたら火をつけ、弱火で加熱していく。

④綺麗に焦げ目がついたら、ひっくり返して全体を焼く。

⑤完全に火が通ったら、仕上げに鍋肌にめんつゆを回しかけ、蓋をして1分ほど経ったら、完成!

 つくねのタネに卵白を使っているので、余った卵黄は食べる際に絡めながらいただくとGOODです!

 仕上げはめんつゆを使用しましたが、醤油を使うとより香ばしく、濃いめの味付けになるので、ご飯やお酒が進みます。

  今回は塩分濃度13%の梅を使用しましたが、はちみつ梅など甘めの梅を使う場合は、お砂糖なくても大丈夫です!

 はんぺんの代わりにお豆腐を使用しても良いかと思います。

 しかし、その場合タネがゆるっとなってしまうので、しっかり水切りした豆腐を使うか、片栗粉を混ぜると良いと思います。

 色々なアレンジができるので、ぜひ一度お試しください!

こちらのレシピは梅干し仲間の梅木愛さんに作っていただきました!

今回使用した梅干しはこちら

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事