あけましておめでとうございます。

訪問ありがとうございます。

今年はもっともっと梅干しの魅力を皆様にお伝えしていきたいと思います。

 

 

「梅干しといえば和歌山県!」

と思い浮かべる方がたくさんいらっしゃると思いますが、私の住んでいる九州にも美味しい梅干しがたくさんあります。

せっかくご縁があって九州に住んでいるので今年1番目のご紹介は大分県にある梅造り一筋「黒川金右衛門」マル金ファームさんの梅干しです。

大分県 梅造り一筋「黒川金右衛門」マル金ファーム

大分県日田市大山町にある梅干し農家さんが作られている梅干しです。

日田市は水(日田天領水)が美味しい場所としても有名ですね。

大分大山町農業協同組合が4年に1回行っている全国梅干しコンクール第4回で最優秀賞(日本一)を受賞されています。

 

今回は大分県のインターで購入をしましたが通信販売でも購入できます。

贈答用の梅干しや梅肉エキス、梅ジャム、柚子胡椒なども販売されているようです(^^♪

梅干しのほかに「すもも」なども作られているそうです。

大粒と小粒と2種類置いてありました。

お値段はどちらも160g入って税込み565円です。

意外とリーズナブルなお値段ですね(^^♪

今回は大粒タイプを購入しました。

もう見ているだけでよだれが出てきそうです(^^;)

温かいご飯と早く食べた~~~い!!

 

ではでは、

前置きが長くなってしまいましたが、早速ご紹介です。

大粒の梅干しが10粒入っていました。

開封してみると真ん中にびっしりと紫蘇も入っています。

真っ赤というより優しいピンク色に近い色をしています。

お皿にうつすだけで梅干しがフルフルしています。

優しく扱わないと傷がついてしまいそうなほど柔らかいです。

中身はこんなにジューシーな果肉が!

塩分も控えめで、はちみつ梅とは違うほんのりとした甘みを感じました。

何粒でも食べられそうです!

紫蘇のほうは塩気が効いていてご飯はもちろん、料理にもアレンジできそうです。

先代(江戸期)から受け継がれた本家の味「おいしくて健やかなもの」がコンセプトのマル金ファームさんの梅干し。

新年早々、とっても美味しい梅干しをいただきました。

 

ぜひ、皆様も機会があったら食べてみてくださいね(*^-^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事