身体が温まる 冬に食べたい梅干しレシピ5選

寒い時期になると温かいものを食べたくなりますよね。

梅干しは血流をよくしてくれたり、免疫を上げてくれる効果も期待できるので、風邪の予防として毎日食べるのがおすすめです。

「そのまま食べるのがちょっと苦手」、というかたは料理に少しずつ梅干しを取り入れてみるのはいかがでしょうか?

身体を温めてくれて、簡単に作れる梅干しレシピを紹介していきたいと思います。

ふろふき大根の梅味噌和え

寒い日にあたたかいほくほくの大根を食べるととってもおいしいですよね!

梅味噌をのせるともっともっと美味しくなります!

材料
・大根 1/2本
・お米のとぎ汁
・白だし
・ねぎ
梅味噌の材料
・みそ 大さじ1
・酒 大さじ1
・みりん 大さじ1
・叩いた梅干し 1個

①大根を2センチ幅に切る。十字に1㎝の切り目を入れ大根の角を取る。

②お米のとぎ汁で30分煮ます。

③16倍に薄めた白出しでもう一度30分くらい煮て1時間くらい置いておきます。

梅味噌の材料を容器に入れレンジ500Wで1分半加熱します。

器に大根をのせて梅味噌とネギをかけたら出来上がりです。

梅干しととろろ昆布のお吸い物

ささっと汁物を作りたい時におすすめのレシピです。酸っぱい梅干しも食べやすくなります。

材料
・梅干し 1個
・とろろ昆布 大さじ1
・貝割れ大根 1/3パック
・揚げ玉 大さじ1
・白だしと熱いお湯(16倍に薄めました)

①カップに材料を入れる。白だしを16倍にうすめたものを注ぐ。

②出来上がり

お湯を入れると貝割れの辛みもなくなるので子供でも食べやすくなります。

お好みで生姜など入れると身体ももっとあたためてくれるのでおすすめです。

風邪のひきはじめにも 長ネギの梅肉のせ

長ネギは身体を温めてくれるので、風邪に引きはじめ、冷え性の方は普段から取り入れたい野菜です。

材料
・長ネギの白い部分 2本
・梅干し2個
・ごま油 大さじ2
・お好みで白ごま、焼きのり少々

①長ネギを3センチくらいに切ります。

②フライパンにごま油を引いて中火でゆっくり焼いていきます。焦げ目がついて柔らかくなるまでゆっくりと焼いていきます。

③長ネギを焼いている間に梅干しを叩きます。

白ネギが柔らかくなったら盛り付けて出来上がり!

 

きのこと白干梅のホイル焼き

白干梅は調味料としても大活躍してくれます。梅干しを焼くと、血流改善アップ効果の期待できるフラメールという成分も出てきます。

材料
・お好みのきのこ 100gくらい
(えりんぎ、しめじ、えのきなど)
・梅干し 3個
・バター30グラム

①アルミホイルを2枚つなげてその上にさいたキノコを入れていきます。

②バランスよく梅干し、バターをのせます。

③アルミホイルを閉じます。トースターで中火で20分くらい焼きます。

バターと白干梅のとてもいい香りがしてきます。

⑤おつまみにも 山芋のバター焼き 梅肉のせ

山芋はそのまま食べてもすりおろしても美味しいですが、焼いてもほくほくして美味しくなります。

食物繊維もたくさんはいっているので美肌になりたい方にもおすすめです。

材料
・山芋 1/2本くらい
・バター 20g
・青のり 適量
・梅干し 大きめ2個

①山芋を輪切りに切ります。

②フライパンにバターをひいて焦げ目がつくくらいに両面焼いていきます。

③その間に梅干をたたいておきます。

④お皿に盛り付けて青のり、梅干しをのせたら出来上がり!

 

簡単にできるレシピを5つ紹介しました。

梅干しが苦手な方もきっと美味しく食べられると思うので試してみて下さいね!

梅干しを食べて寒い冬も元気に過ごせますように。

こちらの記事もご覧ください

TV雑誌で多数紹介
最高級原料使用の贅沢「お試しセット」が
今なら送料無料1500円でお取り寄せ。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事