梅酢ってどんなお酢?

梅酢は梅干しを作る際に出てくる液体です。

梅を漬けて2~3日すると梅の実から水分がでてきます。これを梅酢といいます。

この梅酢は穀物酢や米酢のように酢酸発酵させた「醸造酢」とは全く別物です。

酢酸は含まれていないのでお酢のようなツンとした臭いなどはありませんが、新生姜につけたり普段酢の物を作る時と

同じような使用方法ができます。

白梅酢

梅の実と塩だけで漬けた梅酢を「白梅酢」と言います。

殺菌効果もある上品な梅酢が出来上がります。

赤梅酢

赤紫蘇の葉を使用してつけるときに出てくるものを「赤梅酢」と言います。

赤い鮮やかな色なので料理にもいろいろアレンジして使うことができます。

梅酢の保存方法

梅酢の保存方法は煮沸消毒かアルコール殺菌した瓶に入れて保存します。

梅干作りの際に、容器に梅酢を入れたまま天日干しすると日光の紫外線により殺菌・消毒することもできます。

常温で約1年間くらい保存をすることができます。

それでも心配な方、冷たい梅酢を利用したいという方は冷蔵庫での保存をおすすめします。

こんなにいっぱい!梅酢の5つの効果・効能の紹介

梅干を作る方はこの梅酢を常備されている方もたくさんいらっしゃるかもしれませんが、

梅酢はあまり売っているのを見かけないので知らない方もたくさんいるかもしれませんね。

梅酢の健康や美容に嬉しい効能について説明していきたいと思います。

①夏バテ・疲労回復に

梅酢は梅干しを作る過程で出来たものです。

梅干と同じように酸味があり、この成分はクエン酸によるものです。

クエン酸には疲労物質である乳酸を分解したり、疲労回復にも役立ちます。

夏バテで食欲がない時なども唾液や胃酸の分泌を活発にしてくれるので、食欲不振も改善してくれます。

②高血圧の予防に

梅酢には血圧の上昇を防いで血液をサラサラにする効果を期待できます。

梅酢は強アルカリ性なので血液が酸性に傾くのを防いで、弱アルカリ性に保つ働きもあります。

③ポリフェノールがいっぱい!美容にも

ワインやココアにも含まれているポリフェノールですが、梅酢にも抗酸化物質である梅酢ポリフェノールも含まれています。

ポリフェノールは抗酸化作用が強く、活性酸素などの有害物質を分解してくれるので生活習慣病の予防にも取り入れたいですね。

ビタミンEやミネラルの成分も含むので美肌効果・老化防止の予防も期待できます。

④代謝アップ!ダイエットにも

梅酢とカルシウムが結び付くと体内で脂肪が蓄積するのを防ぐ効果を期待できます。

また燃焼を促す働きもあるのでダイエット中の方にはオススメです。

⑤強力な殺菌作用

梅酢には強力な殺菌・抗菌作用があります。

昔からの知恵で殺菌効果を期待してお弁当にも梅干しをよく入れますよね。

梅酢は体内に侵入したウイルスなども分解したり、食当たりの予防にも役立ちます。

梅酢の殺菌効果を利用して火傷の手当てなどにも使用されていたようです。

 

リーズナブルなオススメ梅酢はこちら

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事